×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンタクト 視力回復

視力回復できるコンタクト

私自身、小学生の頃から視力が低下してしまい、小学生(あの頃はよかった、気楽だったという人が多いものです)の頃はめがねで、その後から今までずっとコンタクトレンズ(最近では、黒目を大きく見せたり、虹彩部分の色を変えたりするものも人気です)で視力を矯正してきました。

コンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)も便利と言えますが、着けたり外したりするのが面倒に感じることもありますよね。そこで、何か視力を回復するためにいい方法はないか色々と探してみた結果、なんとコンタクトレンズで視力を回復することが出来ると言う方法を見つけました。「オルソケラトロジー」という視力回復コンタクトレンズなんですが、皆さんはこのコンタクトレンズをご存じですか?

簡単に説明すると、オルソレンズを夜寝ている間に装着し、そのまま睡眠をとり、昼間は裸眼で過ごすと言う方法になります。この方法のメリットとしては、レーシック手術のように角膜を直接削るような手術が要らないということですね。寝ている間にコンタクトレンズ(最近では、黒目を大きく見せたり、虹彩部分の色を変えたりするものも人気です)を装着して角膜表面の形を矯正する事で、昼間は裸眼でいられます。手術が必要ないので、レーシック手術後に見られるような合併症などの心配もありません。

今までコンタクトレンズを使用したことのある方であれば、どのような方でも簡単に装着する事が出来ます。それに、視力回復手術と違い、小さな子供から65歳の方まで幅広い層の年代の方が使用出来るのも安心できるポイントでしょう。しかし、メリットばかりではありません。オルソレンズはハードコンタクトレンズなので、レンズのケアがソフトコンタクトレンズと違って若干面倒です。他にも、寝る前にコンタクトレンズの装着を忘れてしまったと言った日が続いてしまうと視力が元に戻ってしまうから、視力が安定しにくいという事もデメリットそうです。


 

サイトマップ