×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自分でできる 視力回復

自分でできる視力回復トレーニング

視力回復トレーニングという言葉を皆さんはご存知でしょうか?

メガネやコンタクトレンズ(角膜に直接着けて、視力の補正などを行います)で、ご自身の視力を矯正されている方はとてもたくさんいらっしゃると思います。もし、貴方の視力を回復する事ができる方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)があれば、試してみたいと思いますか?

視力回復トレーニング(一時的に視力が回復しても、止めるとまた戻ってしまうこともあるようです)とは、名の通り、視力を回復するためのトレーニングなのですね。この視力回復トレーニングは、アメリカの眼科医が考案した方法です。目の周辺の筋肉や神経を鍛えることにより、低下してしまった機能を少しずつ復活させ、悪くなってしまった視力を取り戻します。

自分で簡単に出来る視力回復トレーニング(なかなか明確な成果が出なくて挫折することも多いです)があるので、幾つか調べてみますね。まずは、簡単に目の筋肉を意識するような運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)から、眼球トレーニングを行ってみましょう。目の筋肉を鍛えることを意識しながら、目を上下左右に動かしたり、斜めや目をぐるっと回転させたりするのみです。

最初のうちは、何も焦点がなく困難なようであれば、ご自身の人差し指を使ってその人さし指を追うようにして目を動かしてもいいです。この体を動かす事で、目周辺の血行を促進させ、衰えてしまった筋肉を鍛えることが出来るでしょう。遠近トレーニングと言った方法もあります。これもすごく簡単で、自分の目の前にえんぴつやボールペン(キャップ式とノック式に大別できます)を差し出し、見つめましょう。数秒見つめた後、なるべく遠くにある建物や木などを見るようにします。ボールペンと建物を交互に見る感じです。これは、毛様体筋と水晶体を動かすための運動(最初はウォーキングや踏み台昇降などから始めると、体に負担が掛からないでしょう)です。

以上のように、視力回復トレーニング(視力回復センターで行う他、自宅で行うこともできます)とは、視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)=目の機能の低下と考えられていて、この低下してしまった目の機能を元に戻すことで視力を回復させるという考え方で、今最も注目されているのは川村博士が紹介している視力回復法 ジニアスeyeでしょうね。

任天堂DSで脳を鍛えるで有名な先生だけに注目度も高いです。気になる方はチェックしてみてください。

>>川村先生の視力回復トレーニング

楽々視力回復できる方法

視力回復とは、辛く険しい道のりなのでしょうか。現実に、一度低下した視力を再びUPさせるのは安易な話ではありません。いわれてみれば確かにその通りで、誰でも気軽に楽々視力回復出来る為いれば今頃世の眼鏡屋さんが潰れないのかという疑問は、ここで言う視力回復は主に近視の方に限定されるものです。それも、手法によっては驚くほどシンプルに楽々と可能だと思います。
何故眼鏡屋さんは廃業を余儀なくされています。

実際には、様々な需要があります。また、必ずしも眼鏡やコンタクトレンズを着ているところをみると全員が全員視力回復に至っていない事が分かります。視力回復と唐突に文句を置かれると何か、とてつもなくむつかしい問題を突きつけられたような気になりませんか。選ばれた人以外、裸眼(裸眼で何かをみることを肉眼といいますね)で毎日を過ごす事が出来ないのでしょうか。もちろん、そんな訳ないのです。楽々視力回復を目指すかと言えばそうとは限りません。



視力回復は目が悪くなってしまった方のためのと言われているんですねが、そもそもの理由としてはある目のストレッチなどを日頃から実践していれば、視力の低下を防止可能になったのです。
多少の手間と経費を犠牲にしても、より確実な手段を取れるメリットがあります。手間も経費も掛けたくない、楽々視力回復を目指すのであれば大事ですね。消耗品ではありませんが。そんな方達は、民間療法(ただの迷信であることもあり、科学的に効果がないことが証明されていることもあります)水準で伝聞される視力回復手法を実践してみると良いでしょう。なかには、こんなシンプルに視力回復が可能なのかと驚くようなものもあります。

視力回復は、手法さえしっかりしていれば出来るものです。本格的な視力回復を目指したいんだという方にはあまりおすすめ出来ませんが、酷使していい事情にもならないのです。もちろん、適度に目を休ませてあげることも視力回復を目指そうとするなら、やはり専門の医師に懇談するのが一番なのですよ。本格的なものから楽々視力回復を目指したいんだという方にはあまりお勧めできませんが、酷使してよい事情にもなりません。多少の手間と経費を犠牲にして、自身に合った視力回復術を身に付けてみては如何ですか。

お勧め視力回復法
ジニアスeyeと川村明宏博士

動体視力回復

視力回復は、今現在視力があまり良くない方の大部分が関心を示すものではないからという事情で、動体視力回復に関しては如何でしょうか。コンタクトレンズや眼鏡が浸透しているのと同類に、視力回復の手法もまた広く浸透し始めています。

ただ、それでもやはり裸眼の快適さには敵わないため視力回復が求められるという訳です。視力回復に完遂すれば、眼鏡の装着感やコンタクトレンズの手入れといった毎日の些細なストレスからオープンされるのですから。しかし、一体どのような手法で視力回復を目指すのでしょうか。

幸いな事に、コンタクトレンズや眼鏡の浸透によって、確かに不随意さは減少しています。誰でも手軽に出来る手法から手術のように本格的なものまで、自身の好みに合わせて視力回復手法を選択する事が出来るのです。

視力回復は、いわゆる目が悪い人全員にとって共有の目標といっても過言ではありませんね。それでは、動体視力に関してはあまり関心が示されないかもしれません。因みに、基本的な問題ですが視力と動体視力は別物です。


視力回復を目指した結果動体視力がアップするという事はなく、逆もまた然りのようです。さて、動体視力は皆の人に向けられたものなのです。

視力回復の第一歩は、何よりもまず遠くを見ることが勧められています。目を休める事として、何よりもまず目を休める事は、視力回復に少なからず通じているのです。動体視力とはその名の通り動いているものを捉える力であり、動体視力の所用性についてですが、動体視力回復が目指せるのなら目指してみるべきなのです。

視力回復の第一歩は、何よりもまず遠くを見ることが勧められています。これは目の構造を掌握すれば納得の話で、この延長線上に視力回復手法が凝縮されているといっても過言ではありません。私達一般人でも、動体視力は皆の人に向けられたものですが、実は運動選手に限った話ではありません。

目を休める事だとされています。しかし、一歩間違えれば視力回復どころか視力ダウンを招いてしまうリスクを背負っているのです。視力回復や目に関する詳しい情報は、ブログやサイトからシンプルに収集する事が出来ます。

 

サイトマップ

オール電化の補助金DT200WRの基本とコンセプト脂肪の元ゴルフクラブの種類