×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ツボ 視力回復

視力回復するツボ

視力回復という言葉についつい目を向けてしまう今日この頃です。低下してしまった視力を回復する方法には、お金をかけて行うレーシックなどがあったり、自分ですぐに実行可能なような視力回復トレーニングがあったりとさまざまな手段がありますね。

レーシックみたいに確実に視力を回復できると断言は出来ませんが、お金をかけずに自分で簡単に行うことが可能な視力回復方法(まずは想定しうる可能性をピックアップすることが肝心でしょう)があれば、やってみたいと思いませんか?

今回は、東洋医学には欠かすことのできない「ツボ」を刺激してあげることで、視力を回復させる方法をチェックしてみます。元来、視力の低下は目周辺の筋肉が衰えてしまい、総合的に眼の機能が低下して症状が発症すると考えられています。目のツボを刺激することで、目周辺の血液循環が促進され、毛様体の筋肉が回復して、ピントを調節する機能がちょっとずつ向上していくため、視力も回復するという事なんでしょう。

最初のうちは、一番わかりやすい「太陽」というツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)です。この太陽というツボは、こめかみ部分に位置していますから、ここを親指で指圧してあげて下さい。このツボは昔から、「目医者ごろし」と言われている程、目に取って重要なツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)と言われています。場所が少しわかりにくいと思ったら、何かを噛むようにモグモグしてみてください。この時、こめかみ部分で動いているのが太陽と言うツボの位置になります。


老眼で視力が落ちてしまっている場合にも用いるツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)が「魚腰」です。このツボは、ちょウド眉毛と眉毛の間の眉間に位置しているため、とても分かりやすいはずです。視力回復に効果的なツボは、顔に位置する事が多いはずです。ツボ(経穴とも呼ねれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を刺激する前には、よく手を温めてから行ってあげるとより有効でしょう。

 

サイトマップ