×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マジカルアイ 視力回復

マジカルアイの視力回復法

テレビゲーム(携帯型ゲームと併せて、コンシューマーゲームということもあります)やポータブルゲームの発展により、視力低下に悩んでいる子供(出生率が下がっているといわれて久しいですが、保育園などが少なくて、育児環境が整っていないこともその一因でしょう)は少なくありません。

近年では、以前に比べても子どもの視力低下(最近、視力が低下している人だけに文字がみえる細かいドット柄の3Dアートのようなものが一部で話題になりました)に悩まされているご両親が増えているようです。様々な視力回復方法がインターネットや雑誌、TVなどで紹介されている中、近頃よく本屋さんで目にするようになったのが「マジカルアイ」という書籍なんですが、皆さんはご存知でしょうか?

健康コーナーでも人気を集めているようで、本屋さんではよく見かけます。一見、咄嗟にみたら、ただの点などで何が何だかわかりません。でも、より目にしたり、目の焦点を遠くに合わせたりすることで、急に立体的に動物や文字などが浮かび上がってくる3D画像集です。たまに、新聞や雑誌の1ページに使用されていたりしますよね?

あれです。このマジカルアイが視力の回復に効果が高いと言われているのです。そもそも視力が低下してしまうのは、目の周辺の筋肉をあまり使わないことから周辺の筋肉が凝り固まってしまい、目その物の機能が低下してしまう事で視力も低下していきます。このマジカルアイを使って、立体的な何かを浮かび上がらせようとすると、目の焦点を遠くに合わせたり、より目にしたりしなくてはいけません。これらの動きによって、何か物を見るためには欠かせない毛様体筋を動かすので、毛様体(血液の代わりとなる房水の分泌を行うのも、大切な働きの一つです)筋が鍛えられます。

それに、その他の筋肉も動かそうとしますから、周辺筋肉の緊張をほぐすことが出来るのです。しかし、やり過ぎると、逆に目に疲労感を蓄積してしまうことになるので注意して下さい。実際の視力回復効果には個人差があるため、そのあたりも理解した上でこの方法を続ける事によって足を運んでみてくださいね。

 

サイトマップ